天使の存在を確信した出来事

これは私が実際に体験したお話です。

私は特に霊感があるわけではないのですが、田舎の実家が信心深く、毎日お経を仏壇にあげ、神棚の前で神様にご挨拶するような家でした。

ですので、なんの違和感もなく、神様や仏様のような目に見えないものは存在しているんだろうなぁとなんとなく思っていました。そんな中、大学時代にとある有名なスピリチュアルブログに辿り着き、『天使』という存在や、目に見えない世界が見え、その存在を認識しながら共に暮らしている人がいることを知りました。

 

 

 

そして、天使はとても身近な存在で、いつも温かく私達をサポートしてくれている。

という文章を読んで、ホッとする共に、それでも自分は天使の存在が見える訳ではありませんので、どこかもどかしくも感じていました。

 

「自分にも天使の存在が見えたらいいのに…」と思い、色々と記事を読み進めていくと、そのスピリチュアルブログに、『エンジェルナンバー』についての記事があったのです。

『数字は天使からのメッセージで、特に111や、3333などのゾロ目は特別な意味がある』その文章を読んだときは、「へー、でもそんなにゾロ目ってみないよなー」という感じだったのですが、その後の生活の至る場面でゾロ目を何度も見るようになりました。

 

ふと時計をみたら、2:22だった。前に止まっている車のナンバーが、11-11だったなど、不自然なほどにゾロ目を見るようになったのです。「天使さん、主張しすぎ(笑)」と思いつつ、ゾロ目を見るたびに、天使が見守ってくれているという安心感に包まれました。

 

 

 

そして、天使がいることを確信した出来事が起こったのです。

それは、ある早朝に突然スッと目が覚めてスマホの時計を見たら「4:44」だったときです。時計を見た瞬間「こんなことが本当にあるのか…」と自分の目を疑いたくなりました。

 

 

「4」は近くに天使がいることを示す数字です。

ちょうど前日の夜は、新しい就職先へ行くことが正式に決まり、嬉しい半面、新生活に対する不安と、特殊な就職先であったため本当にこれでいいのだろうか…?と悩みつつ眠りにつきました。

 

 

 

そんな状況の私には、早朝に見た「4:44」の数字は天使が近くで見守っているから大丈夫だと言ってくれているような気がし、感謝の気持ちでいっぱいになるとともに、見えないけど天使の存在を確信するようになりました。今でもゾロ目を見るたびに、どこか温かい気持ちになり、天使にお礼を伝えています。

最高の状態の中古車を購入出来…

九州の都城市及び曽於市に住んでいます。
つまり、家が2件あります。昨年両親が相次いで亡くなって、その遺産をもらったからで、売ろうにも思い出がいっぱい詰まった家なので、売り切れず。
行ったり来たりの生活が続いています。

 

私の場合、これまで約13年間乗り続けてきたスズキ社製のジムニーHA(平成6年式)を、元の購入先である知人の社長さんが経営している整備工場会社に、査定と下取りをしてしてもらったような形でした。

 

今から約7年前にあたる2010年の2月初頭の頃の事でしたが、車検などをこれ以上受けても、車体各部位の技術革新により、交換などをしたりする新しい純正の部品の製造自体をしておらず、そのため調達が出来ないなどといった旨を直接、下取りでの査定の際に、その知人の社長さんから直接言われましたので、それが長年乗車してきたHAを手放すきっかけになりました。

 

 

 

1997年の11月半ばにローンでの新車購入をして、総額で約166万円という割と高めな原価だったジムニーのHA96年式でしたが、4WDエンジンであり、雪の日の道や凍結をした状態の路面上の坂道でも、4WDに切り替えれば難なく運転などが可能でしたので、本当に日常的な利用価値が高い車両だった記憶があります。

現在の自分がやっているIT記事・プログラム・アプリ作成の請負事業を始める以前にやっていた新聞配達や集金の仕事などの際でも長年、このHAは大変役に立っていましたので、手放す際にはとても寂しさに自分自身が包まれた思いでした。

 

 

 

 

それでも手放さなければ、今後の自分の日常生活面においての様々な不自由さなどが生じたりしてくるといった事は確かでしたので、寂しさを堪えながら私は交渉へのぞみました。

そして私は、下取り時において引き取りに来くれたこの社長さんから、6万円程度での買取価格の提示をされました。

 

 

 

 

13年間近く、今まで長く使用してきた車両でしたので、乗っていた期間がそれなりの長さでしたので、これくらいのちょうど採算の結果だったのかもしれません。それでもその買取金と引き換えに、HAを持って行ってもらえた点に関しては、とても感謝をしています。

男女の出会いに無駄はありません!

43歳、男性、趣味はスポーツ観戦と競馬です。
性格はポジティブ。兵庫県在住で家族は家内と高校生、中学生の娘の4人家族。会社補助の賃貸マンション住まいです。

 

男女の出会いに関して個人的な意見です。今はいろいろな考え方があり、仕事、家族、性交渉、結婚とさまざまな価値観の多様性が認められています。もちろんこの大方針、時代の流れに逆らうつもりもなければ、否定するつもりもありません。

 

 
しかし、可能であれば、男女はいろいろな形で交わる機会をもち、人格を成長させるチャンスとして活用すべきだと思います。
恋愛というものは男性、女性関係なく成長する機会だと感じています。

個人的な意見ですが、中学生の初恋で実らなかったときも自分自身が女性に対して興味がわき、自分自身をいかに高めて見せることが出来るのか、いかに自己表現をして彼女の気を引くことが出来るのか必死で考えたものです。

 

 

 
高校生のときにはじめて女性と付き合ったときはどうしたら彼女を喜ばせることが出来るか、どうすればもっと距離を近くすることが出来るのかを考えたものです。

そして、高校、大学、社会人といろいろな女性と出会いお付き合いした方も片手で十分とはいえ、そのたびにいろいろなことを学んだことを今でも覚えています。

そして、最終的には今の家内と出会い、結婚したわけですが、自分で言うのもなんですが、これこそ一期一会の出会いだったと思います。本当に家内という女性に出会うことが出来たのは幸せだったと思います。

 

 

 

 
冒頭で記載したとおり、男女の関係も様々な考え方が許される時代ですが、男女との出会いを通じて様々なことを学び、そして自己成長のトリガーにすることは間違いなく人生にとってプラスになります。
まずは男性も女性も異性との出会いの仲でどういったコミュニケーションをとるのか、学ぶことがポイントだと思います。とにかく無駄な出会いなどこの世にないと思ってください。きっと、そのうち素敵な出会いにたどりつくはずです。