昼食にお金を掛けれない現状を踏まえれば仕方がない

大阪市内に住むフツーのサラリーマン32才の男性です。

妻と息子一人の3人家族です。性格はマイペース型、趣味はスマホでやる将棋かな今のところ。小遣いは月に2万円です。決して多いとはいえないが、いや、むしろヒジョーに少ないと思ってるが、なにせ貰う給料が少ないので仕方ないと半ば諦め。
それであちこちに文章投稿で小遣いを稼いでいます。
あ、ついでにいえば、昼食は殆ど冷凍弁当を食べています。
最近の冷凍食品はバリエーションが豊富で、味付けも食欲をそそるモノが増えてきたように思います。

 

 

ですから、個人的には冷凍食品自体には全くと言っていいほどネガティブな印象は持ち合わせておりません。確かに、栄養面での心配は捨てきれませんが、私の中で昼食というのは、あくまでも(朝食と夕食の)「繋ぎ」としての意味合いが強く、そこまで栄養面を気にしなくても良いと思っているんですよね。

栄養は朝食や夕食でしっかりと摂取すれば事足りるのではないでしょうか。
それに、午後の仕事を乗り切るためには、栄養面よりも、腹持ちがいいかどうかが重要なわけでして、そういう意味では冷凍食品はうってつけの食材だと捉えております。

 

 

また、「家計の事を考えると、なかなか質の高い弁当を用意できない」という、何というか切実な事情も絡んでくるんですよね。そりゃ、体の事を考えると、毎朝栄養価の高い料理を作るのがベストだとは思いますよ。だけども、それを実践するとなると、それなりに食費が掛かってくるでしょうし、そのための労力や時間も必要になってきます。

 

ちなみに私は結婚しており、基本的には妻が毎日弁当を作ってくれています。
が、妻もまた働きに出ているため、毎朝弁当を作るのは、相当な負担になっているはずです。なもんで、栄養価に気を遣った弁当を毎日作るとなると、相当な負担、いやストレスに繋がるわけでして・・。

 

 

個人的には今の関係性やライフスタイルを壊してまで、質の高い弁当を求めようとは思いませんねえ。それにね、そもそも私は冷凍食品に対して不満を感じているわけではないんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です