仕事中にケガをしました。

突然ですが仕事中にケガをしました。そこで初めて安全標識と言う注意看板を知りました。工事、鉱山などの事業場、車両、船などにおいて安全確保のために用いられる各種の標識のことを安全標識とまとめています。危険物の存在の表示、危険区域の指定、注意の喚起などを行い事故を未然に防止するために用いられるのです。しかし標識はあくまでも災害防止対策の補助手段にすぎないのです。

安全標識には九種類あります。防災標識と、禁止標識、色は赤と白、危険標識は、黄赤と黒、注意標識は黄色と、黒、救護標識は、緑と白、用心標識は、青と白、放射能標識は、赤紫と黄、方向標識は、白や黒の標識で描かれています。指定標識は、緑と白の組み合わせで示し、それぞれ定められた図形に作られています。

安全標識の中でも、目で見て危険だという標識だけでなく、音声の音声標識セリーズとあうのもあるのです。焦電型赤外線感知音声警報センサーでもある、セリーズには、音声機能がついているのですが、それだけではなく文字とイラストも描かれていますので、しっかりと視認させやすくなるのです。携帯を見ていたり、考え事をしていたりしていて、周囲の状況を意識せずに歩いていたとしても、突然セリーズからの音声の言葉が流れてくると、驚いて誰でも気がつくことができるのです。音声案内標識があれば私も怪我をしなかったかもしれませんね。

天使の存在を確信した出来事

これは私が実際に体験したお話です。

私は特に霊感があるわけではないのですが、田舎の実家が信心深く、毎日お経を仏壇にあげ、神棚の前で神様にご挨拶するような家でした。

ですので、なんの違和感もなく、神様や仏様のような目に見えないものは存在しているんだろうなぁとなんとなく思っていました。そんな中、大学時代にとある有名なスピリチュアルブログに辿り着き、『天使』という存在や、目に見えない世界が見え、その存在を認識しながら共に暮らしている人がいることを知りました。

 

 

 

そして、天使はとても身近な存在で、いつも温かく私達をサポートしてくれている。

という文章を読んで、ホッとする共に、それでも自分は天使の存在が見える訳ではありませんので、どこかもどかしくも感じていました。

 

「自分にも天使の存在が見えたらいいのに…」と思い、色々と記事を読み進めていくと、そのスピリチュアルブログに、『エンジェルナンバー』についての記事があったのです。

『数字は天使からのメッセージで、特に111や、3333などのゾロ目は特別な意味がある』その文章を読んだときは、「へー、でもそんなにゾロ目ってみないよなー」という感じだったのですが、その後の生活の至る場面でゾロ目を何度も見るようになりました。

 

ふと時計をみたら、2:22だった。前に止まっている車のナンバーが、11-11だったなど、不自然なほどにゾロ目を見るようになったのです。「天使さん、主張しすぎ(笑)」と思いつつ、ゾロ目を見るたびに、天使が見守ってくれているという安心感に包まれました。

 

 

 

そして、天使がいることを確信した出来事が起こったのです。

それは、ある早朝に突然スッと目が覚めてスマホの時計を見たら「4:44」だったときです。時計を見た瞬間「こんなことが本当にあるのか…」と自分の目を疑いたくなりました。

 

 

「4」は近くに天使がいることを示す数字です。

ちょうど前日の夜は、新しい就職先へ行くことが正式に決まり、嬉しい半面、新生活に対する不安と、特殊な就職先であったため本当にこれでいいのだろうか…?と悩みつつ眠りにつきました。

 

 

 

そんな状況の私には、早朝に見た「4:44」の数字は天使が近くで見守っているから大丈夫だと言ってくれているような気がし、感謝の気持ちでいっぱいになるとともに、見えないけど天使の存在を確信するようになりました。今でもゾロ目を見るたびに、どこか温かい気持ちになり、天使にお礼を伝えています。

最高の状態の中古車を購入出来…

九州の都城市及び曽於市に住んでいます。
つまり、家が2件あります。昨年両親が相次いで亡くなって、その遺産をもらったからで、売ろうにも思い出がいっぱい詰まった家なので、売り切れず。
行ったり来たりの生活が続いています。

 

私の場合、これまで約13年間乗り続けてきたスズキ社製のジムニーHA(平成6年式)を、元の購入先である知人の社長さんが経営している整備工場会社に、査定と下取りをしてしてもらったような形でした。

 

今から約7年前にあたる2010年の2月初頭の頃の事でしたが、車検などをこれ以上受けても、車体各部位の技術革新により、交換などをしたりする新しい純正の部品の製造自体をしておらず、そのため調達が出来ないなどといった旨を直接、下取りでの査定の際に、その知人の社長さんから直接言われましたので、それが長年乗車してきたHAを手放すきっかけになりました。

 

 

 

1997年の11月半ばにローンでの新車購入をして、総額で約166万円という割と高めな原価だったジムニーのHA96年式でしたが、4WDエンジンであり、雪の日の道や凍結をした状態の路面上の坂道でも、4WDに切り替えれば難なく運転などが可能でしたので、本当に日常的な利用価値が高い車両だった記憶があります。

現在の自分がやっているIT記事・プログラム・アプリ作成の請負事業を始める以前にやっていた新聞配達や集金の仕事などの際でも長年、このHAは大変役に立っていましたので、手放す際にはとても寂しさに自分自身が包まれた思いでした。

 

 

 

 

それでも手放さなければ、今後の自分の日常生活面においての様々な不自由さなどが生じたりしてくるといった事は確かでしたので、寂しさを堪えながら私は交渉へのぞみました。

そして私は、下取り時において引き取りに来くれたこの社長さんから、6万円程度での買取価格の提示をされました。

 

 

 

 

13年間近く、今まで長く使用してきた車両でしたので、乗っていた期間がそれなりの長さでしたので、これくらいのちょうど採算の結果だったのかもしれません。それでもその買取金と引き換えに、HAを持って行ってもらえた点に関しては、とても感謝をしています。

男女の出会いに無駄はありません!

43歳、男性、趣味はスポーツ観戦と競馬です。
性格はポジティブ。兵庫県在住で家族は家内と高校生、中学生の娘の4人家族。会社補助の賃貸マンション住まいです。

 

男女の出会いに関して個人的な意見です。今はいろいろな考え方があり、仕事、家族、性交渉、結婚とさまざまな価値観の多様性が認められています。もちろんこの大方針、時代の流れに逆らうつもりもなければ、否定するつもりもありません。

 

 
しかし、可能であれば、男女はいろいろな形で交わる機会をもち、人格を成長させるチャンスとして活用すべきだと思います。
恋愛というものは男性、女性関係なく成長する機会だと感じています。

個人的な意見ですが、中学生の初恋で実らなかったときも自分自身が女性に対して興味がわき、自分自身をいかに高めて見せることが出来るのか、いかに自己表現をして彼女の気を引くことが出来るのか必死で考えたものです。

 

 

 
高校生のときにはじめて女性と付き合ったときはどうしたら彼女を喜ばせることが出来るか、どうすればもっと距離を近くすることが出来るのかを考えたものです。

そして、高校、大学、社会人といろいろな女性と出会いお付き合いした方も片手で十分とはいえ、そのたびにいろいろなことを学んだことを今でも覚えています。

そして、最終的には今の家内と出会い、結婚したわけですが、自分で言うのもなんですが、これこそ一期一会の出会いだったと思います。本当に家内という女性に出会うことが出来たのは幸せだったと思います。

 

 

 

 
冒頭で記載したとおり、男女の関係も様々な考え方が許される時代ですが、男女との出会いを通じて様々なことを学び、そして自己成長のトリガーにすることは間違いなく人生にとってプラスになります。
まずは男性も女性も異性との出会いの仲でどういったコミュニケーションをとるのか、学ぶことがポイントだと思います。とにかく無駄な出会いなどこの世にないと思ってください。きっと、そのうち素敵な出会いにたどりつくはずです。

金欠の状態になっている時に大手の消費者金融を利用するとすごく便利

私は40歳の独身男性で埼玉県の賃貸マンションに一人暮らしをしています。

性格は大人しくて趣味は音楽鑑賞や動画鑑賞です。工場で働いているので年収300万円ぐらいで月に自由に使えるお金は3~4万円ぐらいです。月に自由に使えるお金が少ないので家電製品の購入や友人と飲みに行くなど出費が重なった時は金欠の状態になる事がありました。そんな時に大手の消費者金融を利用して助かった事がありました。

 

 

金欠の状態になったのは給料日の10日前で明らかに生活費が足りませんでした。それで大手の消費者金融の自動契約機でキャッシングの申し込みをしました。

自動契約機の中には契約機と電話が設置されていて画面のガイダンスの指示に従って機械を操作していきました。分からない点があった時は設置されている電話でオペレーターと会話する事が出来たので問題なく手続きを進めていく事が出来ました。

 

 

 

自動契約機で申込手続きをすると審査が行われて30分で可決の連絡が来ました。それで適用される上限金利と限度額が提示されて契約手続きをする事が出来ました。契約が完了したらその場でキャッシングカードが発行されたのでその後に併設されているATMで5万円借りる事が出来ました。

大手の消費者金融の自動契約機で申込手続きをしてから約1時間半でお金を借りる事が出来ました。

また自動契約機の中で申し込みから借り入れまでの手続きをする事が出来たので周囲の人の視線を気にする必要もなく安心してお金を借りる事が出来ました。消費者金融は借金をするというイメージが強いので世間的には良くないですが、金欠の状態になっている時に利用したらすごく助かりました。

 

 

大手の消費者金融は上限金利が高く設定されているので多額の借り入れをするのはリスクが高いですが、金欠の状態になって少額の借り入れをする時はすごく便利です。

 

また消費者金融のホームページには返済シュミレーションをする事が出来る機能があるので返済計画を立てる事が出来ます。計画的に利用する事で安全にお金を借りる事が出来るのも大手の消費者金融の特徴だと思いました。

事前の段取りが引っ越しには一番大事

兵庫県尼崎市に住む43歳男性、家内、高校生と中学生の娘の4人家族。
趣味:スポーツ観戦、ゴルフ、性格:前向きだが昔のことはもっとこだわる派。
おこづかい:5万円。

 

わたしは家族帯同での引っ越しも、単身赴任の引っ越しも経験したことがあります。いずれも会社の指定業者の引っ越しだったのでインターネットでの一括見積もりなどの経験はありません。
しかしながら、回数が多いこともあり、段取りについてはかなり理解しているつもりです。

 

引っ越しに対して準備しておくべきこと、引っ越し業者に事前に確認しておくべきことを挙げてみたいと思います。

まず、準備です。家電品や家具を中心に廃棄したいものは引っ越し当日または前日に廃棄の手続きをしておきましょう。実は引っ越し業者が有料で廃棄手続きをしてくれる場合もありますので下見の際に確認しておくと安心です。

 

 

そして、公共料金のストップです。電気やNHK、光回線などは電話やインターネットでサービス停止可能ですがガスなどは立ち合いが必要になりますので事前に連絡しておきましょう。これは引っ越し業者に依頼できませんのであしからず。

さらに引っ越しやさんは必ず、どれだけの荷物があるのかヒヤリングシートで記入依頼、または事前下見に来ることもあります。その際には段ボールを送ってもらえるスケジュールの確認、そして気になるなら家具の解体、そして引っ越し後の組み立てなどどこまでサービスでお願いできるのかも気になるところはすべて聞いておくべきです。実際、当日にもめるとお互い困るので。

そして、引っ越しに際しては業者さんへの気遣いとして個人的にはいつもお茶くらいは準備しました。

さすがにむかしのようにチップ、ご祝儀を個別で渡すことはまずないようですから気にすることはないと思います。お茶程度で問題ないでしょう。
こうして、引っ越しに際しては事前にしっかりしたプラン、準備をしておくことがスムーズに作業を進めることにつながります。

洗礼者聖ヨハネ レオナルド・ダ・ヴィンチ

イタリアを代表する天才レオナルド・ダ・ヴィンチの代表作でもある本作品は、一度は目にしたことがあるという方は非常い多いかと思います。

 

キャンバスには、暗闇の中で怪しくも優しい表情で微笑み、こちらを見つめる青年が1人。現代風に言えば、「イケメン」ですが、その中性的なその容姿に男性か女性か判別すら付かない、という方もいらっしゃるでしょう。実際にこの作品について詳しいことはあまり判っていないようですが、モデルはダ・ヴィンチの弟子であるサライという説が有力だそうです。

 

 

 

私は初めてこの作品を見て、一目惚れをしました。今でもずっと、叶わない片思いをしているような気持ちです。

 

暗闇から、ぼうっと現れ右手の人差し指を意味ありげに突き出す青年のその姿が目に焼き付いて、忘れられないのです。またこのポーズは宗教象徴学的には意味があり、天を指し「キリストの到来」を知らせているんだそうです。これを知らなければ、単なる気取った青年にしか見えませんよね。

 

 

 
ダ・ヴィンチの代表作で最も有名なのは、間違いなくモナリザでしょう。その絵を見て女性であるという先入観から、性別を疑う事も事もありませんでしたが、よくよく見てみると男性のようにも見えます。

 

これは、ダ・ヴィンチが同性愛者であり、わざと中性的に描いた何かしらの意図があったと思います。洗礼者聖ヨハネに対しても同様に、見る人にとって受け取り方が違ってくると思いますが彼の描いた中性的な人物画の中でも、私は本作品は取り分け美しいと感じます。

後から知ったのですが、この洗礼者聖ヨハネはダ・ヴィンチの弟子であるヨハネとはまた別人で、一般的には彼の最期は斬首刑により亡くなったと伝えられています。

 

 

ちなみに使徒ヨハネは、最後の晩餐でキリストの左隣にいる人物です(ヨハネではなく、マグダラのマリアではないかという説もありますが)。どうしてこんなにも美しく、イエスに洗礼を施したヨハネがそんな悲惨な最期を迎えなければならなかったのか。それを知ってからはこの作品が一層愛おしく、またヨハネに対する同情心が沸き起こってきました。

人が殺される事を娯楽の一種として見ていた当時の人々は、美少年が目の前で殺されるのをやはり喜んで傍観していたのだろうか…と考えると、余計に胸が痛みます。

 

 

 
洗礼者聖ヨハネは、キリスト教の宗教画においてよく好んで描かれています。クラーナハは斬首された洗礼者ヨハネの首を持つサロメを描いた、見る人にとってはグロテスクと感じる作品を残しています。他にも多くの偉人たちが洗礼者ヨハネを題材とした作品を残していますが、最も美しく、聖なるオーラを放っているというのに相応しいのが当作品です。

脱毛は早い内がお勧め

私は33歳の専業主婦で,今は、茨城県の取手市に住んでいます。

主人と幼い子供と、可愛い猫と暮らしています。
私には月に使って良い自由なお金は、特にありません。なので、独身時代の貯金から、どうしても欲しいものなどは購入しています。基本的にネクラで、自宅ではネットサーフィンを暇なときにはしています。
私は主人と結婚する前に、脱毛エステに通ってムダ毛の処理をしていました。脱毛に行く前は自分で毎晩、カミソリで剃っていたのですが、皮膚を傷めすぎてしまったので肌荒れが酷かったです。なので、脱毛に通ってからは肌荒れも解消したし、何しろ剃ってもすぐに生えてくる忌まわしいムダ毛が全くなくなったので、本当に脱毛して良かったと思います。

 
最初は、脱毛エステと言うと勧誘も凄そうだし、安全面での心配があったので脇の毛だけは美容皮膚科で脱毛しました。ですが、レーザーなのでかなり痛かったです。
また、金額もかなり高額だったので、他の部位は脱毛エステに通う事にしました。やっぱり、美容皮膚科に比べると金額はかなり安かったです。心配していた安全面の問題も、医療機関と提携している脱毛エステだったので安心出来ました。いざ脱毛を受けてみると、レーザーみたいなもの強い痛みは感じませんでしたが、効果は満足いくものだったので良かったです。

また、毎日化粧をする時には鼻の下のムダ毛を剃っていたのですが、私が通っていた脱毛エステには鼻の下だけ脱毛出来るプランもあったので、脱毛しました。あまり痛みもなかったし、結構ムダ毛はなくなりました。

 
子供を産んでから、お風呂にのんびり入るなんて事はもちろんないので、ムダ毛を剃る時間もありません。なので、早めに脱毛しておいて良かったと本当に思います。カミソリなんて危ない物は風呂場に置けませんし、脱毛しておいて正解でした。今は小学生でも脱毛を受けられるみたいですし、思春期の女の子なら早い内に受けるのがお勧めです。

昼食にお金を掛けれない現状を踏まえれば仕方がない

大阪市内に住むフツーのサラリーマン32才の男性です。

妻と息子一人の3人家族です。性格はマイペース型、趣味はスマホでやる将棋かな今のところ。小遣いは月に2万円です。決して多いとはいえないが、いや、むしろヒジョーに少ないと思ってるが、なにせ貰う給料が少ないので仕方ないと半ば諦め。
それであちこちに文章投稿で小遣いを稼いでいます。
あ、ついでにいえば、昼食は殆ど冷凍弁当を食べています。
最近の冷凍食品はバリエーションが豊富で、味付けも食欲をそそるモノが増えてきたように思います。

 

 

ですから、個人的には冷凍食品自体には全くと言っていいほどネガティブな印象は持ち合わせておりません。確かに、栄養面での心配は捨てきれませんが、私の中で昼食というのは、あくまでも(朝食と夕食の)「繋ぎ」としての意味合いが強く、そこまで栄養面を気にしなくても良いと思っているんですよね。

栄養は朝食や夕食でしっかりと摂取すれば事足りるのではないでしょうか。
それに、午後の仕事を乗り切るためには、栄養面よりも、腹持ちがいいかどうかが重要なわけでして、そういう意味では冷凍食品はうってつけの食材だと捉えております。

 

 

また、「家計の事を考えると、なかなか質の高い弁当を用意できない」という、何というか切実な事情も絡んでくるんですよね。そりゃ、体の事を考えると、毎朝栄養価の高い料理を作るのがベストだとは思いますよ。だけども、それを実践するとなると、それなりに食費が掛かってくるでしょうし、そのための労力や時間も必要になってきます。

 

ちなみに私は結婚しており、基本的には妻が毎日弁当を作ってくれています。
が、妻もまた働きに出ているため、毎朝弁当を作るのは、相当な負担になっているはずです。なもんで、栄養価に気を遣った弁当を毎日作るとなると、相当な負担、いやストレスに繋がるわけでして・・。

 

 

個人的には今の関係性やライフスタイルを壊してまで、質の高い弁当を求めようとは思いませんねえ。それにね、そもそも私は冷凍食品に対して不満を感じているわけではないんですよね。

いつまでも活躍してほしいイチロー選手

福岡県に住んでいる55才のおばさん女性ですw

趣味は音楽鑑賞で性格は楽天的。
独身の一人暮らしで、結婚も離婚も同棲もしたことなし。
あ、かといって処女ではないけど(^.^)/~~~

イチロー選手の大フアンなんですゥ~♪

 

 

私はイチロー選手がアメリカのメジャーリーグに移籍した時に、ニューヨークに住んでいました。
私は大学からずっとニューヨークに住んでいて、当時、日本のラジオの仕事を時々していて、イチロー選手がアメリカでどのように扱われているかなどをリポートしていました。

 

その頃、イチロー選手はシアトルマリナーズに在籍していて、西海岸の野球だったので、東海岸であるニューヨークではそれほど話題にはなっていなかったのです。イチロー選手よりも、当時はニューヨークメッツに移籍していた新庄選手の方が注目されていたのです。
将来はニューヨークヤンキーズに移籍するイチロー選手ですが、ヤンキースに移籍した後のイチロー選手はのびのびと活躍していて、とても試合が楽しそうだな、というような印象を受けました。

 

 

 
本人が言っていたように、一番弱いチームから一番強いチームへの移籍ということもあって、野球をまた始めから楽しめるような気持ちだったのだと思います。

今ではマイアミのマーリンズに在籍していますが、若かったイチロー選手も40代になって、髪の毛も白髪が目立つようになっても、相変わらずストイックな練習を積み、いつまでも現役でやるぞ、というような意気込みを感じさせるのです。

 

 
イチロー選手にはアメリカでの野球人生の方が、日本で野球をしているよりもあっているのだと思います。50歳まで現役でやってほしいと思います。アメリカで3000本安打を記録した時にも彼らしくクールな反応でしたが、イチロー選手にとっては通過点に過ぎないのだろうな、と思いました。

 

親子ほど年が離れたチームメイトと一緒に楽しそうに野球をしているイチロー選手を見るのはとても楽しみです。マーリンズはとても居心地が良いようで、そのままずっと現役で頑張って欲しいと思いますし、活躍を期待しています。